スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

柴幸男「テトラポット」@あうるすぽっと

2012.03.05(22:32)

アルティメット ヒッツ クロノ・クロスアルティメット ヒッツ クロノ・クロス
(2006/07/20)
PlayStation

商品詳細を見る

 3月1日(木)

 会社にいった。帰った。

 
 3月2日(金)

 会社にいった。
 さいきんひとり暮らしをはじめたMKさんのお話がすばらしかった。「毎週金曜日の夜にタイマーをセットして土曜日の朝にすぐに干せるようにしておいたけれど、水道のもと栓を閉めたままにしておいたから、じつはまったく洗濯されていなかったんです」と言った。「最近の洗濯機の脱水機能ってほんとうにすごいなって思っていて。からからじゃんって思っていて」と言った。「もう干していただけでした。干していただけでした!」と言った。なんてすばらしい女の子なんだろう!
 SOさんが今日で会社最後の日になるということで、あいさつまわりをしていた。あいかわらずなにを話していいのかわからなかったけれど、なにかを話した。「ガスコンロあげようか?」と言われたけれどわたしのアパートはガスではなかった。かなしかった。さようならと言った。「お元気で」と言った。お元気で思った。
 家に帰ってからサリンジャー「ナイン・ストーリーズ」を読んだ。あいかわらずすばらしかった。いったいこれほどすばらしい本がありながらどうしてひとはまだなにかを書きたがるんだろうと思った。


 3月3日(土)

 朝起きてクリーニング屋さんにひさしぶりに言った。いっかいだしたらめんどうくさくてぜんぜんとりにいかないので、いつも捨てられているんじゃないかとひやひやしながらとりにいくんだけれど、あいかわらず捨てられてはいなかった。クリーニング屋さんってえらい。
 池袋のあうるすぽっとで柴幸男「テトラポット」を見た。わたしは、ほかの演劇とはまるでものがちがうと思った。わたしが知るかぎり、チェルフィッチュの岡田利規とままごとの柴幸男がいま日本の演劇でもっとも美しいことをやっていると思う。ふたしかで多義的な意味をふくんだ言語がいまここではないかもしれない存在と温度を示し、それを身体にぴったりとはりつけるようなかたちをとるチェルフィッチュとことなり、柴幸男にはたしかさに向けた希求があるように見える。柴幸男の演劇において時間はつねに揺らいでいる。「あゆみ」は2世代にわたる物語だったし、「わが星」では宇宙の歴史が「地球」と呼ばれたひとりの女の子に照射されていた。彼らは宇宙の歴史を背負って語る。そして、地球が誕生してから46億年の歴史の最前線として、いまわたしたちが立っている、いまこの場所、いまこの時間についてせつなさとはかなさとあたたかさでもって語る。そして抑揚を欠いた台詞まわし、そしてそれをうちやぶるかのようなさけびのいちいちが、わたしをうっていた。それは旧スクウェアがたしかに「クロノ・トリガー」を背負い「クロノ・クロス」でやろうとしたことだった。46億年のあいだにつむがれてきた鉄鎖のひとつずつのようなわたしたちのいのち、そのどれもが欠けているだけでいまこの場所、いまこの時間にいるわたしたちは存在できていない。「クロノ・クロス」をプレイした24時間は、「テトラポット」を見ていた2時間は、ただの24時間や2時間ではなかった。そのなかにはたしかに46億年がふくまれた時間だった。わたしはずっといとおしく思いたいと思ってばかりだった。いまわたしが生きているこの場所、この時間は、あらゆる総体としての場所であり時間だとつよく思うことができたらそれはなんて美しいことだろうと思ってばかりだった。そして、「テトラポット」を見て、わたしはいまこの場所、この時間をほんのすこしだけいとおしく思うことができた。それはほんとうにあたたかく、せつなく、貴いものだった。
 終わったあと、ブックオフで「ランボオの手紙」や「アンナ・カレーニナ」や「スペードの女王」や「自省録」を買って、小説についてのなんらかの会的なものにいった。だれかが言っていたけれど、たしかにそれはけっきょくのところプロットレベルの話でしかないと思った。すくなくとも文章についてなんらかの価値がなければどんな作品も価値がない。それは文章作品なんだから。太宰治はデビュー作「晩年」刊行まえにすでに5万枚の原稿を書き、やぶりすてている。5万枚もの原稿をやぶいてなお書けないものがおおくあった。
 僕はいったい何枚書いた? そのうちの何枚がごみで、そのうちのもう何枚が、好きだった?




コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kizuki39.blog99.fc2.com/tb.php/1008-47b92bab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。