スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

誰も死にたいなんて思っていない。

2008.12.10(01:11)

 疲れていたくない。疲れていると、自分の存在にたいしてひどいいらだちを感じてしまうから。自分が今何かをしていて、これから何かをして、どこかからやってきて、どこかへまた移動していく、そういういっさいがうっとうしい。愕然とするし、ぞっとする。「何もしない」を過ごすことにすらいらいらする。
 死への渇望じゃない。僕は何も考えていないし、想像力も持っていないし、感受性も養われていないし、人とまともに話すことすらできない。死にたいと思ったことなんて一度もない。
 自分の「存在と非存在」それと「生と死」というのは、すくなくとも僕にとってまったく関係ない。僕が生きていようが死んでいようがいらだちというのは絶えず生まれてくるし、そのいらだちが僕の生死を揺るがすこともまた、ない。僕が感じるのは存在へのいらだちであり、非存在へのいらだちだ。誰も死にたいなんて思っていない。誰もだ。
 そこには雨が降っているだけだ。僕はちっとも疲れていない。ただ「疲れている」と口にだす僕がいる。





コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kizuki39.blog99.fc2.com/tb.php/1074-0ea6df19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。