スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

寝苦しいうさぎ

2009.01.03(01:35)

 一瞬一瞬が幸せでありたいと思うから、私は鍵のかかった部屋のベッドにまるまりひとつだけの光でひとつの本を読み、翌日の夜には友達と一緒におしゃべりをしながらお酒を飲んだりするのだけれど、それであなたってばけっきょく何が好きなのと訊かれると口をつぐむ。だから私はそういうのではないんだよって言うんだけれどそういうのではないってどういうこと。
 過去は過ぎさってしまった未来であり、未来はまだ起きていない過去であると偉い人は言う。私たちは未来のことばかりを想像するけれど、それは絶対にまちがっていて、私たちがまず想像しなければいけないのは過去だ。知識と過去に向けての想像欲だけが世界を育んでくれた。私の断続的な過去は私を通してですら再構築されない。私はそれがこわいと思う。ぽつりぽつりと書かれた過去の私についての文章は私を絶対にねたんでいる。
 恋人は私を寝苦しいうさぎと呼ぶ。意味は教えてくれなかった。私の書く文章は現在には立ち現れず、あちらこちらへと姿を消す。私の文章は告白だ。私の文章は私の未来の日記だ。何も、書きたいから書いているわけじゃない。私が頁をめくる。頁をめくる。頁をめくる。そこにはいつもなんにも書かれていない。だから私はせめてそれを寝苦しいうさぎと呼ぶ。





コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kizuki39.blog99.fc2.com/tb.php/1075-d6f9e741
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。