スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

月とテロリスト

2009.11.15(18:09)

壁に染み(まるで茶色のような)
(気がした)冬には桜
水平線の首切り(放射願望)
(目薬漬けの貝)そして祖国の女
テロリストは最初から
          遺体だった

月は銃口で陰り
   夜の下ではきゃべつが泣いている
(強い人間と戦いたいと思うと)
      水滴が落ちるあいだに
 (もう明日になっている)二等車が埋まる
きゃべつ(僕たちが悲しいのは
 から産まれた男の子が(それだけなんだ)
(一日は)
 二等車と(あっというまだ)
    (僕たちは) 同じ速度で併走する
(本当に強い人間と)
         (戦ったことはない)
 照りかえしの少なさ         が
 (早すぎるから)
    夜の証明だ(僕たちは)
 それが男の子と関係するとき
       (銃口は月より下に向かない)
    夜は
(戦争すら起こせはしない)     
                夜になる

 偽善者は(そして蟋蟀は)
   月のかたちをしている(爆弾だ)
直角の銃身は
(誰を救うのかが) 枝に似るのをはじめる
          (問題じゃない)
知らないひとの引き金が
(誰を)指に            なる
 くっつくこと(どんな気持ちで救うのか)
が怖いから     羽をたたむ
(それが問題だ)
 透けた羽が泣いている
        絶望に痛い   を
吐いて
    耐えて    水を
くれ ず
   絶望に痛いだけ   で
ずっと     とても 死ねる

二等車は
 動物園を愛するために
          走る
  水素と栄養素は
      硝子を隔て
         等しい





コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kizuki39.blog99.fc2.com/tb.php/1086-6519d247
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。