スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

赤光と荒野

2010.02.26(02:25)

赤光が射す荒野で一ヶ月
           卵を産んだ蝶の羽を
   ちぎり(マス 唾液の混ざった(パン
とムシ(の混ざった(パン   は
いっぱい あってときどきあって 散歩を
 もといた場所を犯すため      して
    羽をちぎり(マス
 それはひそかなsignなんだって 荒野が
列車を通るとき    誰も轢きころすこと
なくうまく 停車してください
  (ひとみしりではあるけれど(それが
 Signなんだって   く す く す」
ちぎって tigitte 積めば
あかんぼがいっぱい産まれますひらひら
   (トブ        飛ぶのです
荒野なひとがそれを見つけ    停まって
   乗せて いってくれる  えんじぇる
残酷な嘘をあの子の額にぴんでとめた
  簪がかみのけのなかから生えてきて
    あの子   赤いかわいそうになる
)どうしよう げろを吐きすぎち
  ノ・エヴィ・ア      ゃったから
次の荒野が来るまであの子の話を)
 しようか? それとももう逃げ 
 ようか ? 昼間の兵隊さんは
いなく             戦いたく
   なった       なった
      んじゃなくて
  最初から      最初から
死ね              いなくて
夜半の兵隊さんは   (煙草仕掛けの月
   またやってくるんじゃなくて
              最初からいた
泥棒が二十歳になって
    逃げ星となるべく(あの子(あの子
 軍歌をガムのように噛んでいた 
「それが」へたくそだったから兵隊さんに
 犯されるだけで赦してもらえた(あの子
「赦せないことしかない」
 tteanokogawaraunda!!!!!!!!!!!!!!!!
「お父さんが新聞記者なの」
 tteanokogawaraunda!!!!!!!!!!!!!!!!
「ひとの耳に指をつっこんで
       蝸牛をつぶすような仕事だよ」
犯された記事を一面に載っけて戦争反対
あの子は食卓に箪笥を吐いていた 
 進んで(クダサイ(うまく
虫をかじって       木材をかじって





コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kizuki39.blog99.fc2.com/tb.php/1159-b0e2f537
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。