スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

導火線先のピエロ

2010.01.18(08:21)

導火線先でピエロが倒れはじめて い た 
  二億年経ってもまだ、倒れている 途中
だった 雨のような 笑いかただったから
 好き だった          から 。

「絶壁ニ咲ヰタ花ハ
 赤色ダツタラウカ」

 知りたいことを知るために、
     わたしは愛の告白をした、
         地球が売れのこった。
 女の子はずっと電話をしていた、
     十円玉があまっていて、
       腐っていやなにおいがした。
 終末には人類みんなが犬の顔をしていた。

明日がないことになって
       明後日だけがあればいいのに、
悲しいのは ピエロがそれでもまだ
 倒れたまま で いることだ、 早く
倒れてくれたならば わたしは  あのとき、
 のいじめをちゃんと謝ることがで 
きたのに (知らなかったよ、(知らなかっ
「犬ノ顔ハ弐千円デス」    
再結成されたバンドがみんなドラムだったな
んて知らなかったんだよ、
 スティックがいつでも飛んでいくから、
ペンギンは目をつぶし ている、ペンギンを、
「イジメナイデクダサイ。ペンギンヲイジメ
ルナラ、ソノカワリ、セカイヲスクッテクダ
サイ」
、、、、、、世界を救うかわりに誰かひとり
を殺してもいい木曜日、   金曜日をすっ
とばすからペンギンが死んだ。クラスメイト
の頭の上にスティックが二本あった、まわっ
てた、   うつむくかわりに家が焼けた、
ピ エ ロ が燃えのこっていた、ひとが!
。。。いない。       錯乱するかわ
りに宇宙を呼んで、ス   ローモ ーショ
ンだったけれどいつも、いちばん遅いのはわ
たしだった、・・        ピエロ
が倒れる前に
 導火線の火を消したかった
「あんた謝ってるふりしていじめてるだけで
しょわたしの娘を殺さないでよ」
 指がぽんぽん抜けて、
 いった。わたしの毎日は放火後だった、
    学校だけが楽しかった、
けれど、 友達は楽しくなかった、
     電話はつながりっぱなしだった、
  いつでも。
 わたしの声は燃えつづけていた。





コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kizuki39.blog99.fc2.com/tb.php/1175-bea8ce1a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。