スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

正当なる懺悔

2010.05.24(21:53)

きみはわたしの正当なる懺悔か
 かんちがいをしないでくれ わたしが
きみの正当なる懺悔となっただけだ
駱駝の瘤を切りとるような戦争をしてやろうか
子供たちを社会的に炒めてやろうか
きみの耳にそっと唇をつけ
 セメントを塗りこむようなやりかたで
              愛を囁きつづけてやろうか
雪のうえできみの服を編めば
 ほら それだけで世界の出口が落ちてくる
発車されたあとのバス停を見捨てろ
割れたビール瓶のかけらを拾いあつめて
 雀を撃ちおとしてみろ
罠がはられてばかりの 弱小たちの家屋
 存在を裏側からひっかきまわしたような
きみの笑顔
 顔面に目と鼻と唇と耳をくっつけ
皺で補完したくらいで
       わたしと同じ顔のふりをしないでくれ
溶けかけたアイロンにつながるきみの手首が
 わたしの眼球の直前で火を吹いている
なにげなく首を締めてみた
なにげなく母親を撃ってみた
なにげなく恋人を見つめてみた
 わたしが終わるまで どうか手をにぎっていてくれ
ぶっつけながら 回転してとまる
地球がドリルであったならば
 わたしは同じ回転速度で穴を掘られただろう
たくさんのひなぎくと冷蔵庫が道路を流れてゆく
  きみが手をふってやめないその彼方に
わたしが求める手首のかたちをした太陽がある





コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kizuki39.blog99.fc2.com/tb.php/1180-8da71c3a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。