スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ミカとミカン

2008.04.26(19:56)

昨日実家に帰ってきた。
持ち帰ってきた論文を読もうと思ったが無理だった。
何故なら論文がひどくつまらないからだ。
しかも自分の研究に関係あるかと思ったらあまり関係なかった。

これからでかけるのだけれど、それはまではひたすらごろごろしていた。
「セーラー服と機関銃」を見た。
長澤まさみ主演のではなく、1981年、相米慎二監督。
ただのアイドル映画だろうと思っていたのだけれど、ぜんぜんちがった。
とてもおもしろい。

「考える人」という雑誌を読む。
海外の長編小説ベスト100というランキング。
ランキングに本質的な意味はないけれど、ゴシップ的にはとてもおもしろい。

1位から13位はこちらなどに載っている。

http://epi-w.at.webry.info/200804/article_4.html

ぜんぜん読んでいないと思ったら、
100作品中21作品は読んでいた。おれってけっこう読んでいるなあと感心する。
気になったランキング。

25位 アーヴィング「ガープの世界」
アーヴィングってそんなに人気があったのか。

45位 カルヴィーノ「冬の夜ひとりの旅人が」
49位 カルヴィーノ「木のぼり男爵」
カルヴィーノってそんなに人気があったのか。
「源氏物語」(57位)や「不思議の国のアリス」(78位)より人気。

64位 オースター「ムーン・パレス」
オースターで100位以内にランクインしているのはこれだけ。「ニューヨーク三部作」のほうが人気があると思っていたから、意外。

113位 クノー「地下鉄のザジ」
114位 ブローティガン「西瓜糖の日々」
133位 ジョイス「フィネガンズ・ウェイク」

「フィネガンズ・ウェイク」って、「ユリシーズ」と並ぶ大傑作だと世間で認識されていると勝手に思いこんでいたのですけれど、「ユリシーズ」(14位)と比べるとこんなものだったのか。
ちなみに僕は「若い芸術家の肖像」(90位)ですら途中で挫折しました。

「恋空」のDVDが発売されるらしい、「王さまのブランチ」で知った。
「恋空」の原作は途中まで読んだ。いろいろな意味ですごい作品だった。
「恋空」の映画がおもしろい可能性はほとんどないけれど、Amazonでとても気になるレヴューを発見する。

>ヒロが入院した時に病室で美嘉とのやりとりで、「ミカとミカンって似てるな。」そう言って、「ありがとう、俺すげー元気でた。」って台詞がある

笑いがとまらない。台詞がシュールすぎる。
初めて「恋空」を心から見たいと思った。




コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/04/30 18:25】 | # | [edit]
マイナーな本って、オースターとかブローティガンとかクノーとかでしょうか。

こういう系統は、明らかに高橋源一郎のエッセイとかですね。あとはネットです。AmazonとかWikipediaとかで、暇なときはずっとリンクをたどっています(本当に暇人です)。

あとは批評、評論の類でチェックすることでしょうか。
あとマイナーな本はマイナーなところからでているので。河出文庫、白水社、国書刊行会とかのチェックです。

学校にあるんですか?
あ! うちの大学(理系なのに)の図書館にも「山尾悠子作品集成」がありました。図書館で見たなかでいちばんレアな本でした。
【2008/04/30 20:53】 | キズキ #oSfzfPCQ | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kizuki39.blog99.fc2.com/tb.php/219-a231e7c1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。