スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

大江健三郎×岡田利規 公開対談

2008.05.10(23:39)

ぼくが電話をかけている場所 (中公文庫)ぼくが電話をかけている場所 (中公文庫)
(1986/01)
村上 春樹、レイモンド・カーヴァー 他

商品詳細を見る

5/8
大江健三郎×岡田利規の公開対談を聞きにいった。
長くなったのでブログのほうにアップした。
http://kizuki39.blog99.fc2.com/blog-entry-237.html
僕は小説について何か書くとき、その小説のストーリーやアウトラインを語ることがどうしてもできないのだけれど、それと同じように、僕は何かものごとがリアルタイムで進行していることに対しての詳細なレポートは書けない。


5/9
学会のアブストラクトの締めきりがいつの間にか5/13にのびていたので、またやらなくはいけなくなった。「がんばって、いっぱい追加しましょう!」と教授はのりのりで、僕の机の上にばさばさと論文の束を置いて次の日には出張にでかけていった。
僕ひとりで英語のアブストラクトを書けるわけではないので、留学生に助力を請う。とりあえずがんばって書いたのだけれど、一般的な言いまわしではなかったり文法がまちがっていたりすると思うので、そこを修正していただく。
その方は日本語はまだできないので、英語で修正を頼むのだけれど、四苦八苦だ。僕がとりあえず「more more」とばかみたいにくりかえしていたので、相当多くの追加があると思ったらしく、「そんなにたくさんの量を書くには時間が足りないので、最善の手段 をつくそう。きみはとりあえず追加分を日本語で書いたらいい。ネット中の翻訳ソフトを使ってそれを英語に翻訳し、僕がきちんと手直しするよ」と言ってくれた。でも僕の英語 のリスニング率は実測10%ぐらいなので、あんがいぜんぜんちがうことを言っていたかもしれない。
ネット上の翻訳ソフトとして、僕はすぐさまエキサイト先生(注1)を思いだした。エキサイト先生のことを思いだすと寒気がとまらないので、がんばって英語と日本語を併記した。負担が減ってくれればと切に願う。

5/10
アルバイトをしている場合じゃないのにアルバイトをする。模試の監督として実家近くの高校に派遣され、模試をやっている高校生を監督する。
教室に猫がいた。その猫は黒毛で首のところだけが白く、つんとすましていた。猫が教室をでたので僕はあとをつけた。猫は廊下にたたずんでいた。猫 のちいさな薄い影が近くの白い壁にうつり、僕はその後ろにたって猫と影を交互に見下ろしていた。猫はちらちらと僕を見たけれど、ぜんぜん意にかいさず、首 をがりがりかいて、誰もいない教室に入っていった。その教室は掃除のあとみたいにすべての椅子が机の上にさかさまにのっていて、そのまんなかで猫は何かの オブジェみたいに座っていた。猫はしばらく動かなかったけれど、やがてオブジェであることをやめ教室をのそのそ動きまわり、そしてときどき机の上の椅子の 上にのり、窓のそとの雨降りをうんざりとした目で見ていた。猫はそれからどこかへ行ってしまった。



「中原中也詩集」(新潮文庫)を読みおわる。最後の詩を読んで絶望した。
「僕がとてもおもしろいと思った過去の作品を読みなおそうキャンペーン」中なので、レイモンド・カーヴァーの「ぼくが電話をかけている場所」(中 公文庫)を読んだ。カーヴァーの作品は「とてもおもしろい作品」と「まあまあおもしろい作品」の二種類があるけれど、この短編集には「とてもおもしろい作 品」が3つあった。「ダンスしないか?」「出かけるって女たちに言ってくるよ」「足もとを流れる深い川」の3つ。
僕がこのなかでいっとう好きなのは「出かけるって女たちに言ってくるよ」で、これを読んだときはあまりの衝撃に頭がくらくらしたのだけれど、こんな小説が好きだ言うと人格を疑われるので良識ある人は言わないほうがいいと思う。

村上春樹のあとがきを読んでいて、うすうす気づいていたけれど認めまいとやりすごしてきたことを、あらためて知る。
僕は村上春樹のエッセイや紀行文がどうしても受けつけない。僕は村上春樹の小説は好きだけれど、エッセイや紀行文は読めない。


(注1. エキサイト先生) 
英語ができない人の守護神。頭はわるい。
http://www.excite.co.jp/world/




コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kizuki39.blog99.fc2.com/tb.php/238-6233bf12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。