スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

書かれえなかった日記

2008.05.18(23:48)

タイムクエイク (ハヤカワ文庫SF)タイムクエイク (ハヤカワ文庫SF)
(2003/02)
カート ヴォネガット

商品詳細を見る

幾日か前に万年筆と原稿用紙を買いました。そんなに高いものは買えないので、おもちゃみたいにちゃちなものです。まだ真夜中とはいえない夜にちいさな机の前に座り、電気スタンドをつけ、さらさらと文章を書いています。僕の字はとてもへたくそなのだけれど、ます目にきっちりと埋まった字は幼いながらも何かをがんばっている子供のような感じがして、すこしだけ好きになれます。

そんなに暑くない夜はコーヒーを飲みます。お鍋に水を入れて火にかけ、カップにインスタント・コーヒーをぱさりぱさりと入れます。お砂糖を半分だけ入れ、熱いお湯を注ぎミルクを入れます。部屋のまんなかの電気スタンドの光はとても強く、薄暗い部屋の隅にまでその粒子が届きます。そういう瞬間には、僕はすこしだけ厳かな気持ちになることができます。

長いあいだ剥がしていたルノワールの「ルグラン嬢の肖像」のポスターをまた張りました。ルノワールの描く女の子の絵はとてもきれいで好きです。僕はルノワールの描く髪の毛が好きです。どうしてもシャープで繊細な面を残してしまう髪の毛を、流動的でいながらもこもことした優しいものとして描くルノワールのタッチにはいつも感激してしまいます。

下宿先のアパートの裏には野球のグラウンドがあり、高校生たちがいつも暗くなるまで練習しています。彼らはバットをふり、ボールを投げあい、おおきな声をあげます。そして最後には必ず校歌を歌います。夕暮れ時になると、昼間はいったいどこにいたのかと不思議になってしまうほどたくさんのおばさんが道にでてきて、犬を散歩させます。そうやってゆっくりと日が暮れていきます。橋の上の街灯が順にともり、蜜色だった川の色は徐々に青くくすんでいき、最後には見えなくなってしまいます。

僕はとてもちぐはぐしています。よく自分が何をしているのか、何を望んでいるのか、わからなくなります。僕は自分の苦しみのようなものが本当に苦しみなのかどうかわからず、なんだか、それによってまた苦しんでいるような気がします。
僕にとって文章を書くという行為はやはり慰みであるようです。でも、同時にそれは祈りでもあるようです。その祈りが、やがては高いところにのぼり、僕を浄化すればいいと思います。その祈りは僕のきらいな町にふりそそぐといいと思います。
いろんなものが好きになりたいです。あれもこれも好きになれたらいいと思います。あれもこれも好きになれたら僕はとても幸せだと思います。たとえ僕が僕をきらいでも、僕以外のものをあれこれ好きになれたとしたらやはりそれはとても幸せなのだと思います。

本当はもっとたくさん書くことがあるような気持ちです。
僕は最近、ひとつの発見をしました。僕はずっと「真夜中」のことを英語で「midnight」と言うのだと思っていましたが、最近「dead of night」とも言うことを知りました。この言葉は、真夜中のしんとした冷たい感じをとてもよく表しているすてきな言葉だと思います。

カート・ヴォネガット・ジュニアというアメリカのSF作家がいます。ヴォネガットはよしもとばななさんによく似ていると僕は感じます。僕はよしもとばななさんの「キッチン」や「TSUGUMI」が大好きです。「キッチン」や「TSUGUMI」を読んでいると、とてもあたたかい気持ちになることができます。それは、彼女が死が絶えず存在する僕らの日常の空間に、愛を注入してくれるからです。でも、ヴォネガットはSF作家ですから、その小説は日常とはやはり乖離しています。ヴォネガットの小説はどたばたしていて、荒唐無稽で、笑いとばしたくなるほどくだらないものです。でも、そこには、ユーモアがあって、愛があります。僕はヴォネガットがよしもとばななさんが愛を注入できない空間に愛を注入しているのではないかと思います。だから僕はヴォネガットが好きです。ヴォネガットの最後の小説は「タイムクエイク」という小説です。その小説の最後のページを読んだとき、僕はやっぱりとてもあたたかい気持ちになりました。

明日は学校があります。朝にはしゃっきり起きて、気持ちよく授業にいけたらいいなあと思います。眠らずにこりこりとノートをとることができたらいいなあと思います。きちんと眠れるかどうかわからないけれど、今夜は気持ちよく眠れたらいいなあと思います。
おやすみなさい。
僕とあなたは、悪夢なんて絶対見ない。




コメント
はじめまして。
どうして、僕は僕をきらいなんでしょう?
私も私が嫌いです。
無神経で、無鉄砲で、それによって人を無意味に傷つけてしまうところが。
でも、好きなところもあります。
無神経で無鉄砲でやたらと人に近づいていってしまうところが。
ご自分を好きになってあげてください。
【2008/05/19 00:38】 | ira #- | [edit]
はじめまして。こんにちは。
コメントありがとうございます。

そう、どうして僕は僕をきらいなんでしょう。そこのところが、僕にはどうもよくわかりません。本当は好きなのかもしれません。たしかに、きらいなところを一面的に前におしだすのは、ちっともよくないことなのかもしれないですね。
【2008/05/19 20:56】 | 桜井晴也 #oSfzfPCQ | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kizuki39.blog99.fc2.com/tb.php/241-60cede9c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。