スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

天国じゃ、みんなが海の話をするんだぜ。

2008.05.28(20:21)

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドアノッキン・オン・ヘブンズ・ドア
(2002/03/22)
ティル・シュバイガー

商品詳細を見る

人間は生まれたとき老人であればいい。
歳をとるにつれすこしずつ若返り、すこしずつ何かを忘れていけばいい。
そうすればもっと優しくなれるのかもしれない。

   ◇◇◇

月曜日は学校に行きませんでした。
ものすごく反省しています。
もうしません。
もうしません。
だらだらと3時まで寝ていません。

   ◇◇◇

平山夢明さんの「『超』怖い話Δ」をいつのまにか読みおわっていました。
けっこう怖かったです。
Paul Austerの「NewYorK Trilogy」をがんばって読んでいます。
でも日本語にして13ページしか読めていません。
英語で小説を読んでわかったのだけれど、
小説よりも専門的な論文のほうがまだ読みやすいです。
論文は専門用語がたくさんでてくるけれど、そのぶん意味は限定されています。
でも小説ははばひろい言葉がたくさんでてきて、わからない単語は多いし、
次に何が起こるのかがわからないので、なかなか手ごわいです。
でもがんばります。

   ◇◇◇

TSUTAYA DISCASを再開しました。
今再開すると1000ポイントもらえるという餌につられました。
でもどうしても見たい映画があったんです。
諏訪監督の「不完全なふたり」と、
トーマス・ヤーン監督の「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」です。

「天国じゃ、みんなが海の話をするんだぜ」

キャッチコピーがこれです。
ゴダールの「気狂いピエロ」を彷彿とさせます。
小説では絶対にできないことが「気狂いピエロ」にはあると思います。
過剰なポップ、あの原色の世界は小説には正直向いていないと思います。
「天国じゃ、みんなが海の話をするんだぜ」
この言葉が、たとえばそれなりにかっこうよく響くならば、
それは映画が持つ力だと思います。
あるいは、日本における洋画の持つ力だと思います。

   ◇◇◇

今月の僕のいちばん立派なところは、
あまり本を買っていないところです。

   ◇◇◇

魚が焦げました。




コメント
桜井さん、こんばんは。
「魚が焦げた」って、自炊されてるのですか?

冒頭のお考えは、なんだか寂しい気がします。
辛い事でもあったのでしょうか。

【2008/05/28 23:04】 | fumika #- | [edit]
こんばんは。コメントありがとうございます。

自炊なんてたいそうなものではありません! でも魚を焼いたり野菜を切ったりはします。それぐらいはやります。
日記書いてたら魚焦げていました。明らかにじゅうじゅう言いまくっていたのに何故放置していたのかは永遠の謎です。

冒頭の考えはたしかによろしくないです。何かがあったのかと言えばなかったとは言えないのですけれど、(本当に)死ぬほどくだらないことですし、もう忘れてますので、どうかお気になさらぬよう。
【2008/05/29 00:20】 | 桜井晴也 #oSfzfPCQ | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kizuki39.blog99.fc2.com/tb.php/251-00c81e7c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。