スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

139回芥川賞候補発表

2008.07.03(14:14)

首鳴り姫首鳴り姫
(2002/09)
岡崎 祥久

商品詳細を見る

139回芥川賞候補が発表になりました。

●第139回芥川龍之介賞 候補作品
磯崎憲一郎『眼と太陽』 文藝夏号
岡崎祥久『ctの深い川の町』 群像6月号
小野正嗣『マイクロバス』 新潮4月号
木村紅美『月食の日』 文学界5月号
津村記久子『婚礼、葬礼、その他』 文学界3月号
羽田圭介『走ル』 文藝春号
楊逸『時が滲む朝』 文学界6月号

美人歌手が受賞して大いに盛りあがった前回に比べ、とても地味な顔ぶれです。形骸化が叫ばれる芥川賞ですが、そもそも芥川賞は「2月と8月って本の売上落ちるぜ。やばくね? なんかでっかい賞でもつくって話題づくりしたほうがいいんじゃね?」という理由から始まったと言われています。そもそも、賞というのものはどんな賞でも、たとえノーベル文学賞でも文学的な要素以外を含むものなので、しかたのないことなのではないかと思います。
芥川賞の作品は基本的に、とりあえず「1年に2回文学でも読んでみようか」という人にはまったく薦められない作品だとは個人的には思います。そもそも、新人を対象にした賞である以上、そんなにおもしろい作品がころころでてくるわけがありません。

候補作で読んだことがある作品は木村紅美「月食の日」と磯崎憲一郎「眼と太陽」だけです。木村紅美は読んだ当時あまりのできに我を忘れて怒り狂い mixiの日記に「文芸誌に失望した」などとめちゃくちゃなことを書きなぐった苦い思い出があるのですが、とにかく、これ以上は何もいりません。磯崎憲一郎の作品は海外文学のようにしか読めない高度な作品です。

順当にいけば小野正嗣で、最近の傾向からいけば磯崎憲一郎ということでしょうか。もしとったならばいちばん話題になるのは羽田圭介でしょうが、さすがにないとは思います。
個人的にはまさかいまさら候補になるとは誰も思っていなかったであろう岡崎祥久にとって欲しいです。岡崎祥久は3年くらい前にたまたま図書館で借りて読んだ「首鳴り姫」が超絶な傑作で、今でも覚えています。この人は死ぬほど人気がないらしく野間文芸新人賞をとっているくせにどれも文庫落ちしていないという悲しい人です。買ってあげてください。芥川賞をとって潤うといいと思います。
若手の傑作と言えば、やはり3年くらい前に読んだ雨森零「「首飾り」「月の裏まで走っていけた」もものすごいおもしろかったです。雨森零はこの2作で消えて今は影もかたちもないのですけれど、何故これほどの人がいなくなってしまうのか不思議でもあり、残念でもあります。
あと森健「火薬と愛の星」、樋口直哉「さよならアメリカ」などもおもしろいのですけれど、ほとんど消えているようなものです。おもしろい人たちはわりと消えていきます。厳しい世界なのです。




コメント
ついに芥川賞候補の発表ですね。
個人的には磯崎研一郎にとってもらいたいとこですかね。
川上未映子の受賞は、綿矢りさ、金原ひとみの130回以来のマスコミ取材合戦となりましたもんね。
意外だったのは柴崎友香が候補入りしなかったこと。『文學界』に発表された新作が、今までの柴崎友香とは違う暗い雰囲気の作品だと聞いたので、期待してたんですが。
俺の予想だとこれまでのパターン的に楊逸がとるか、ここ最近のパターンだと磯崎研一郎ですかね。
楊逸は前回川上未映子に次いで高得点でしたから、油断できません。個人的に羽田圭介はありえないと思います。つか、若い男の作家は芥川賞とりにくいような気がします。


芥川賞は新人しかとれないってのがいけないと思います。まあ新人と謳うわりに阿部和重みたいなベテラン系の作家にもやってますが。やっぱりマニアックな文学ファンか、普段文学とか知らねーって奴しか読まないと思います。
稀にいい作品が受賞することはありますけどね。


木村紅美そんなにやばかったんですか?(笑)ここじゃ絶賛されてますけどね。
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast?blog_id=192319&user_id=185233


小野正嗣って誰ですっけ(笑)すみません知らなくて。
岡崎祥久って結構むかしから居ますよね?(笑)
読んだことないんですけど、ぜひ読みたい。あとその消えちゃった作家のも読みたいです。
森健の『火薬と愛の星』も読みたいんですけどね。
いい作家は消えちゃうんですかあ。もったいない。
樋口って人はたしか副業作家なので、忙しいのかもしれませんね。
【2008/07/03 21:17】 | 翔平 #- | [edit]
柴崎友香は「星のしるし」が評判いいみたいですね。ちょっと読みたいです。

イギリスのブッカー賞とか「もっとも優れた小説」にあたえられるじゃないですか。日本だとそういうのがないですよね。普通に考えれば川端賞か谷崎賞がいちばんな気がしますけれど、川端賞は短編ですし、谷崎賞も知名度がない。いちばん有名な賞が新人にあたえられる賞である、というのはけっこう失敗しちゃっている感じです。

木村紅美は石原千秋も褒めてました。だから僕が読めてないだけでしょう(笑)
意地のわるい言いかたをすれば、野性時代に載るような小説だと思いました。なんで文学界に載っているのか理解できません。カフカとか一文一文がおもしろいけれど、木村紅美はその逆で一文一文がことごとくつまらなかったです。構成とかがどうでもよいと思えるくらいにつまらなかった。というか、普通純文学作品を読んで腹が立つことはあまりないんですけれど、なんであんなに腹が立ったんだろう。
ちょうど、内容はぜんぜんちがうけれど、同じような小説を僕が書いている途中だったからかもしれません。同族嫌悪的な。
本当誰しも同じことばかり考えていやになります。

小野正嗣は翻訳家・小説家です。ナイポールとか訳しています。ベテランでわりと大物だと思っていたんですけれど、ちがうのかもしれません。とりませんね。

【2008/07/04 17:06】 | 桜井晴也 #oSfzfPCQ | [edit]
柴崎友香は年齢と共に小説も変わっていく作家だと思うんで、これからも楽しみです。
日本はそのまえに本自体が売れませんけどね(笑)
俺の地元の本屋に『乳と卵』があったんで部数のとこ見てみたら、まだ一刷で(笑)
あんだけマスコミが騒いだのに売れてないのかなあって思っちゃいました。
川端賞も谷崎賞も意外と知名度ないからびっくりですよね。
どちらも良い賞だと思うんですけど。
芥川賞も直木賞みたいに、いつの間にか中堅作家にやる賞になってればいいのに(笑)

木村紅美がどんだけなのか知りませんけど、あんま興味ないんですよね。まあ多分受賞はないと思いますよ。
カフカと木村紅美を比べたらあまりにも木村紅美かわいそうっすよ(笑)
まあ『文學界』もそんなとこでしょう。石原慎太郎の小説を載せる雑誌ですから(笑)
小説書いてるんですかー? 賞に応募とかしないんですか?

小野正嗣、覚えときます。ということは、今回は割と中堅がぶり返したってことですかね。

まあ受賞するのはたぶん楊逸か磯崎研一郎、もしくは二作受賞だと思いますよ。
そろそろ芥川賞も、前のパターンに戻っちゃいそうでハラハラします。
【2008/07/04 17:42】 | 翔平 #- | [edit]
今回の芥川賞のラインナップには久しぶりに興奮しました!

羽田圭介がまずとりあえず候補に挙がってよかった、とおもいました。若い男性作家は希少種ですからね!

いちばん建設的なのは小野正嗣さんがとることかな、とおもいますが、津村さんも凄くかけるひとですよね。最近よく名前をみます。

いやあたのしみですね!

最大の感心は都知事が羽田圭介を褒めるかどうかですけど!
【2008/07/04 23:42】 | コーキチ #- | [edit]
いや、先進国では軒並み売れていないと思うんですけれど、日本は特に売れないんでしたっけ?
川上未映子だって文芸誌などにはひっぱりだこでしょうけれど、一般的な知名度は皆無ですよ。
コンスタンスにエンタメ小説を読んでいる人たちが何百万人かいて、そういう人たちも読むから芥川賞作品はそれなりに売れるんじゃなでしょうか。
芥川賞だってしょせんはマイナな賞です。たとえばモブ・ノリオの介護入門なんて本屋いっても小説のコーナーに置いてなくて介護コーナーにありますよ。芥川賞受賞の帯がついてるのに。

カフカと比べたらそりゃ誰でもかわいそうになっちゃうんですが、うーむ。応募はしますよ。

小野正嗣はよくわからないですね。楊逸とかありそうですね。読んでないのでどんな作家かわからないのですけれど、良い作品ならばよいと思いますが。
【2008/07/05 11:39】 | 桜井晴也 #oSfzfPCQ | [edit]
こんにちは。先日はどうもです。

羽田圭介が挙がるとは思ってませんでしたね。「黒冷水」だけ読んだのでその後どうなのかは知らないし、とりあえずとってほしくはないのですけれど、本当によく考えれば若い男性作家って希少ですよね。

小野正嗣さんも津村さんも読んでないんですね。タイトルだけ見たら津村さんにしかたなく挙げるんですけれど。

都知事は羽田圭介褒めないでしょう! めちゃくちゃにけなすと思いますよ、なんとなく…。

個人的には「文藝夏号」の宮崎誉子に候補になってほしかったです。描写をしないという点で宮崎誉子は形式においてケータイ小説の完成形みたいな気もします。最近の「蟹工船」騒ぎとも内容的には呼応しています。
岡崎さんはプロレタリアート系の文学なんですけれど、今回候補になったのは「蟹工船」騒ぎを受けてだとしか思えないので。
【2008/07/05 11:43】 | 桜井晴也 #oSfzfPCQ | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kizuki39.blog99.fc2.com/tb.php/301-30e644ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。