スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

過ぎ去られていく場所

2008.09.08(21:31)

Quarternote 2nd-THE BEST OF ODANI MISAKO 1996-2003-Quarternote 2nd-THE BEST OF ODANI MISAKO 1996-2003-
(2007/03/07)
小谷美紗子

商品詳細を見る

もう本当に本当に日記か詩か散文しか書きたくない。
しかし書きたくないっていうのは嘘で、今日デレク・ジャーマン「BLUE」を見て思いきり感想を書いた後(書きたかったんだ)、激しく自己嫌悪した。書くんじゃなかった。
見たものについてあらゆる記憶を残そうなんて行為は図々しさを通りこしてもはや醜い。何が残せる? 何が血肉になる? それは矛盾な問いかけなのだ。何も残らないという尊さだけが血肉になる。
ブログというのはほとんどの場合形式上過去の記事が埋もれていく。
僕はそれが嫌だった。
小谷美紗子が「どの曲も私にとって過去のものではない」と言ったとおり、僕の書いたものはどれも僕にとって過去のものにしたくなかった。けれど違うのだ。過去の記事は遠いところに追いやられるべきなのだ。それは堆積であると同時に流れであった。
本当に尊いのはその場所にあっていつもいつも読まれる文章ではなく、ときの流れのなかで自然に息を潜める文章たちだ。流れさるものが美しいのは彼らが流れさっているからだ。

という見切り発車でブログのテンプレートを変えた。

   ◇◇◇

デレク・ジャーマン「BLUE」はどうでもいいとして、中平康「月曜日のユカ」の加賀まりこがあまりにも可愛くてびっくりした。加賀まりこと言えばおそらく僕が生まれたときからおばさんであったはずで、僕は僕が生まれたときにおばさんであった人間はきっと僕が生まれる前もずっとおばさんであったのだろうという偏見を抱いていたが、とにかく加賀まりこが可愛すぎたことに衝撃を受けてしばらく立っていられなかった。今はおそらく加賀まりこの時代なんだろうと思った。福田総理の後釜ももうなんか加賀まりこでいいんじゃないんだろうか。




コメント
ぼくは先日友人に、「お前は映画をみる資格がない」と怒られました。
「み終わったらほとんどおぼえていない」とぼくがいったからでした。
「小説や映画をみてるときはけっこう別のことを考えてるし、すくなくとも集中してない」といったからかもしれません。
友人は「映画は映画でしか表現できない部分を汲みとって感想をいうべきだ」といいました。ぼくの感想だと映画でも小説でもなんでもいいことになってしまう、ということでした。ぼくはそれにたいして、そのとおりかもしれない、とおもいぐぅの音もでませんでしたが、なんらか腑に落ちないきもちがしました。
 ぼくは桜井さんのいうように、生きてゆくなかで、ふと流れ去ったものが(何故だか)留められ、あるきっかけで夢やイメージに結実している、それがつまり良いのだとおもってました。すくなくともぼくは映画や小説をみるときに、その表現形式でしか実現しないもの、について意識的に考えたことがなかったです。無意識的には勿論、あるかもしれないですけど。そのへんがきになってきになって、このごろの悩みの種です。
じぶんでも薄々感じていたのですが、ぼくの作品への接しかたはおそらく散漫すぎるのです。

加賀まり子、最近エッセイが文庫になってますね。
【2008/09/08 22:34】 | コウキチ #NEB76mhQ | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/09/09 00:32】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/09/09 01:12】 | # | [edit]
僕もたぶん同じで、ぜんぜん集中していないし、ぜんぜん覚えていないですよ。
特に「BLUE」なんてまったく集中せずに見ていて、そういう映画じゃないのですけれど。「この字幕はうんぬん」とばかり考えていました。
そして僕は自分が前の前に読んだ本すらときどき思いだせません。記憶力がない。

「作品に対する評価」が「自分が意識的になれる部分だけ」でなされるでしょうか。
僕は最近、そういうことを考えています。

加賀まりこに別にぜんぜんまったく興味はなかったのですが、なんかちょっと欲しいですね、エッセイ。
【2008/09/09 16:07】 | 桜井晴也 #oSfzfPCQ | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kizuki39.blog99.fc2.com/tb.php/374-606f6e96
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。