スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ゼミ合宿、夏、北軽井沢にて

2008.09.24(23:03)

ビリー・ザ・キッド 21才の生涯 特別版ビリー・ザ・キッド 21才の生涯 特別版
(2006/02/03)
ジェームズ・コバーンクリス・クリストファーソン

商品詳細を見る

21日から23日まで北軽井沢にて研究室のゼミ合宿に行った。僕も車を出したのだけれど、そもそも普段よく運転しているわけではないのでどうなるかと思って不安だった。案の定雨が降りはじめ、山道では大量の霧が発生して前が見えず「怖い、怖い!」と絶叫しながら走っていたが、べつに先頭を走っていたわけでなく前の車についていくだけだったのでなんとか越えた。
北軽井沢についたけれどやっぱり研修所がどこにあるのかわからなかった。途中変な道に入ったら先頭の車が陥没地帯にはまりこんで抜けだせなくなった。タイヤの下に石や木などを置いてみんなで車を押してなんとか抜けだしたけれど、ほぼ全員の頭のなかに「これは何の合宿だ? 強化合宿か?」という思いがよぎっていたのは間違いない。あやうくJAFるところだった。
ガソリンスタンドのおっさんに道を訊いてなんとか研修所までたどりつき、初日は先生不在のためゼミがないため、食材の買いだしなどをして終わる。別荘みたいなところなので調理は自分たちでしなければいけない、しかも参加者は男だけなのでどうするんだ、と思われるかもしれないが心配御無用、中国人の留学生がここぞと腕をふるう。なんでも中国ではお客をもてなすときは特に女性よりも男性のほうが料理をするらしく、料理はけっこうできるらしい。おもしろいのが、本当に美味しいところだ。味付けはシンプルなはずなのに絶妙、デジカメを持っている人がここぞとばかりにぱしゃぱしゃと写真を撮る。ここはレストランだろうか。
食後にプロジェクタとノートパソコンを駆使してビールを飲みながら「Day after tomorrow」を鑑賞した。プロジェクタでも思ったよりもきれいに画面が写ることが判明したので、これから映画は全部学校のプロジェクタで見ようと密かに決心する。夜中に資料室のなかが青く光っていたらそれは僕なので気をつけよう。
眠る。

2日目。
本当に先生がやってきてしまって、本当にゼミが始まる。朝9半頃からお昼をはさみ4時頃までだった。長い。先生が寝ていた。僕の発表は案の定それはそれはひどいもので、正直腹を割いて死ぬべきものだったが、すぐに忘れる。娯楽がないので温泉に行く。営業時間は午後2時までだったのだが頼むと入れてくれた。料金はわりと高かったけれど貸切だったので良しとした。気持ちよかった。
温泉からもどって調子にのり、空気を読まずにひとりでビールを飲む。美味い。そうやってだらだらしていると中国人の留学生の方(先輩)がつくった料理が運ばれてくる。ここはホテルだろうか。そのまま飲み会に突入したが、料理を食べすぎたせいであまりお酒がすすまない。飲み会終了後に友達が残ったウィスキーをコーラで割って飲みだし、眼の前でみるみるテンションが上がり(自分の)歴史などを語りだす。おもしろいので放っておいたけれど、コーラが少なくなると自分から「寝る」と言いだしたのでけっこう平静だったのかもしれない。ここまでおもしろいと付き合って一緒に飲んでもよかったけれど、そうすると次の日運転できず帰れなくなるので自重する。そういえば最近は昔と違ってきちんと後先考えて飲んでいるので、それはなんだか良くないような気がする。これからはちゃんとたまには後先考えずに飲もうかとすこしだけ思った。

3日目。
帰る。友達が途中のセブンイレブンで「無限プチプチ メイド編」(対象年齢15歳以上)なるネタアイテムを買う。運転している途中隣で「お帰りなさいませ」「許してくださ、・・ひゃん!」などの声がこだまする。後ろに乗っていたレバノンからの留学生が「ソレ ナンデスカー?」と興味を示すが、何と説明したものか。
「ゲームデスカー?」
ゲームではない。
「オモチャデスカー?」
大人のおも…
「ドウヤッテアソブノデスカー?」
どれでもいいからボタンを無限に押すだけ。
レバノンと日本の溝を18メートルくらい深めた気がするが、もちろん気にしない。

   ◇◇◇

サム・ペキンパー「ビリー・ザ・キッド21歳の生涯」を見る。「散漫だ」という意見が多く覚悟してみたがなんだか本当に散漫だった。これを見るのはとにかくボブ・ディランが音楽を担当しているのと出演しているからで、それ以外には特に理由はないのでいいのかもしれない。しかしディランのいちばんの見せ場がバーで食べ物の名前を連呼する(「豆! 豆! 豆!」)シーンというのはどうだろう。

   ◇◇◇

東京都写真美術館の「ヴィジョンズ オブ アメリカ」がおもしろそうだ。今週末は東京に行くのでついでに行ってこようか。
一時期チェルフィッチュ「フリータイム」がすごいと散々ブログで騒いでいたが、9/27と9/28に横浜トリエンナーレで再演するらしい。「フリータイム」はDVDでも見られるけれど、演劇というのはたぶん舞台で見るのはぜんぜん違うはずなので、機会を逃してはいけない。




コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kizuki39.blog99.fc2.com/tb.php/385-92fbb4aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。