スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

はにかみキャット

2009.02.10(22:21)

めもめもめーも

・ゴダールが映画をつくっているんじゃない、映画がゴダールをつくっている

・あたしにとっての「文学」は「高橋源一郎が言ったように作品を見て高橋源一郎が言ったように作品を考えること」だったのかもしれない。あたりまえだけど、それは文学じゃない。

・これはメタフォリカルなお話。ある人は太宰治を読んで「この作品はうんぬんかんぬん、太宰とはつまり自己の醜さと存在の罪とをあからさまに力強く発揮した貴重な作家だった。存在の罪とは世界への反逆である」とか言う。でもべつのある人は太宰治を読んで「木ってきれいだよね~」とか言う。あたしは後者になりたい。わかるかしら、最近あたしがずっと思ってることはこうなんだと思う。メタフォリカルにしか言えなくてはがゆいけれど、わかるかしら、つまりこういうことなんだと思う。あたしは後者になりたい。




コメント
身近な人が、就活を止めて小説家になると言いました。私は彼が書いたものはおろか、彼がかつては全く本を読まない青年だったので大層驚きました。私も彼も就活がうまくいかなかったので、逃げられた、とも感じました。

まぁでも彼は貪欲に寝る間を惜しんで本を読み、彼が師と仰ぐのはやっぱりタカハシさんで、それは私が教えたのですが、今では彼はタカハシ作品を全部読破し、アメリカ野球の本まで読んでます。私は『優雅で~』とエッセイしか読んでいません。


大槻ケンジが学生の時に衝撃を受けた末井昭の言葉で
「本当は、表現したいという衝動だけがあるのであって、表現したいものなど、実は何一つないのである」
というのがリンダリンダラバーソールにあって、自分はこれだと思いました。

つまり、私はなんかしたいっていう、とにかくかっこいい夢が欲しかったのだと思ったのです。

でも私は小説のようなものも書きたいし、映画のようなものも撮りたいし、絵のようなものも描きたい。

そのなんかアーティスティックなものへの憧れがくそくらえだと思った時期もありましたが、まぁ好きなんだからいいじゃん、就職も頑張ったのに決まらなかったんだから!楽しくフリーターやろうぜ♪とある日、ふっきれました。

そしたら偶然の縁で、写真美術館で働くことになりました。

なんだか何が言いたいのかよく分かりません。
写真美術館の次回の展示は、やなぎみわです。



ドラえもんを見て、「つまり、未来からの絶対不可能な夢でしかない夢と、唯一、現代にある、時代越えることのできる友情や希望と言った普遍的なものとが対比されられてうんぬん、こういう映画は他にもゴダールやらなんやらかんぬん」って言う人よりも、「ジャイアンの勇気に泣いた」とか言う人の方がよくて、もっともかっこいいのは「ノビタのママはとれたてのスイカ」とか言う人かしら。

【2009/02/12 06:19】 | ぴかそ #- | [edit]
僕は小説家にしかなりたくないですし、それはただたんに、自分が写真やら映画やら絵やらができるとは思えないだけです。でもほんとはやったほうがいいのだと思います。現代アートというものに僕は少しは興味を持っているのですけれど、現代アートの表現者は人間そのものが表現に見えます。
小説家というのはまず小説という形式が先にあり、そこから何かを書いていく(表現していく)プロセスをなぞっているだけかもしれません。だけれど現代アートの場合は常に表現が先に立っているように思えます。そういうものに少し憧れたりします。

末井昭(って誰だか知りませんが)の言葉はそのまま僕にもあてはまります。
まず欲求があるだけなのです。自分はなにもできないからせめてこれをやろうという欲求があるのです。そしてそういうとき、僕はその唯一のものにしがみついてしまう。以前書いたことですけれど、「あれもある」「これもある」というなかでこそ選ばれたものが小説として優れたものになる、と思ったことがあります。
これが正しいのかどうか、僕にはわかりませんが。

写真美術館はすばらしい職場ではないでしょうか。
僕は自分が作家以外に何かひとつ職業を選べと言われたり美術館で働きたいです。写真美術館行くたびにここで働きたいと思ったものです。
あれは特殊な人(学芸員? インターン?)でなければ働けなかったのではないでしょうか。すばらしい。うらやましいかぎりです。

> ドラえもんを見て、「つまり、未来からの絶対不可能な夢でしかない夢と、唯一、現代にある、時代越えることのできる友情や希望と言った普遍的なものとが対比されられてうんぬん、こういう映画は他にもゴダールやらなんやらかんぬん」って言う人よりも、「ジャイアンの勇気に泣いた」とか言う人の方がよくて、もっともかっこいいのは「ノビタのママはとれたてのスイカ」とか言う人かしら。

だいたいそういうことです。でも「ドラえもん」を見ても「ドラえもん」の話なんてしなくてもいいのです。ドラえもん的なものをぱくぱく食べて胃の中で原型をとどめないくらいに消化しちゃえば、いいのだと思う。
【2009/02/12 21:12】 | 桜井晴也 #oSfzfPCQ | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kizuki39.blog99.fc2.com/tb.php/487-2c0be935
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。