スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

永遠という点からみれば、みんな同じことよ。

2008.04.01(22:40)

なんとなく、日記を書くのはいいことだと思う。
腐った日々の足跡だとしても、
それが本当にどろどろとなって消えるとき、
遠くのほうから鑑賞するのもわるいことじゃない。

病院に行こうと思ったのだけれど、
寝坊する。
ちゃんと行けば間にあったのだけれど、
風がゴージャスに強くて、
げんなりして、
ひきこもる。

でも、RADIOHEADのLIVEチケットの払いこみに行かなくてはいけない。
チケットがあたった。
たぶん、このあいだ「In Rainbows」を買ったからだと思う。
「In Rainbows」は予想よりも良い。
いろんなきれいな音があっちこっちから飛んできて、
でもそれはぜんぜんひとつにはなっていなくて、
僕を巻きこんで、
きれいな下のほうに落としてくれる。
10/4 さいたまスーパーアリーナが楽しみだよ。

ジャンプを読んだ。
「HUNTER×HUNTER」だけがすごくおもしろい。

相米慎二の「台風クラブ」を見て、
あまりのおもしろさにびっくりする。
「台風クラブ」は知りあいに薦めてもらった。
薦めてもらわなかったら100%見ない映画だったので、
うれしい。
「台風クラブ」を見たあとは部屋のなかにひきこもり、
「台風クラブ」の感想など、
だらだらと文章ばかりを書いていた。
blogを1日に2回以上更新すると暇な人に思われそうなので、
しない。

このあいだの「映画のポケット」でもらったフリーペーパーを読む。
ここに寄稿されている皆々様のだす音楽家の名前をぜんぜん知らず、
落ちこむ。
「七尾旅人がどうのこうのと言っているあいつってばかじゃねーの!」
と陰で笑われていることを妄想し、
楽しむ。

カポーティの「冷血」を40ページくらい読んだ。
これからもうすこし読もうと思う。

もしこの辺をうろつきまわっている誰かが、わたしの喉元をかっ切りたいと思えば、わたしは、どうぞうまくやってくださいというわね。そうなったからって、いったいどれだけの違いがあるというの? 永遠という点からみれば、みんな同じことよ。もし一羽の小鳥が穀物を一つずつ大洋を越えて運ぶとしたら、それを全部向う岸に運び終えた時から、やっと永遠がはじまるってわけなのよ。
                                  
だんだん、
日記が長くなってきている。
これは、まったく良くない兆候だと感じる。




コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kizuki39.blog99.fc2.com/tb.php/548-b7c7df64
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。