スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

眠れない夜に読まない本を漁る

2009.05.25(03:58)

 頭がおかしいくらいに眠れない、これはちょっと頭がおかしいに近いんではないかと思った、でもその近さは爆弾だ、ぐじぐじ肉体が吹っ飛べよ、頭がおかしくなりたいって言ったのはただそうすれば何か書けると思ったからだよ、それ以上に理由があるわけなんてないよ、ただべつに頭がおかしくてもおかしくなくても書けるやつは書けるんだよ、屑が、屑であるということを肯定されるために何か書こうとするなよ、もう、気持ちがわるいんだよ、ああ俺は気持ちがわるかったんだ、気持ちがわるかったから、早坂類「黄金の虎」と安川奈緒「MELOPHOBIA」を衝動買いだよそのチョイスが、気持ちわるいって言ったんだ。さよなら。眠れない夜に読まない本を漁る。




コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/05/25 06:27】 | # | [edit]
こんにちは。

車を運転中、前を走っていた車が窓を開けて灰皿にたまった塵をどさっと捨てていました。僕は「こいつは屑だ」と思いました。でもよくわかりません。もし仮に僕とその人が何か話しをする機会があったなら僕はその人を「屑ではない」と思うかもしれないのに、そういう機会はだいたいの場合ないし、積極的に持とうともしません。

すみません、
僕はそういうことをするために何か表現しようとしていると言ったでしょうか。
僕が覚えていないだけで、言ったかもしれません。
でも言ったとしたらそれは嘘でした。
見ず知らずの人を救うために文章を書く方法は皆目わかりませんし、
僕が書く理由はもっと低俗だと思っています。
救おうと積極的に思うのは自分くらいです。
僕の文章を読んで何か影響を受けたとか救われたと言われれば、
僕は素直にうれしいです。そう言ってくれると僕は救われる思いです。
誰かが僕に何か言ってくれればいいのです、
そうしたら、次は僕はその誰かに向かって何か書けるような気がしないでもないのです。
僕は、何のために表現しているかなんてことが確かにわかったことなんて、
一度たりともありません。

たとえば僕が屑だとして、
その屑が良い文章を書いたとして、
それがいったい何になるのか、僕にはよくわかりません。
自分のいたらなさを彩られた文章で書けば、
その「いたらなさ」は「繊細な人間性」になるのでしょうか。
「なる」と僕は言ってきました。
「なるのだ」と文学は言ってきたように思えます。
ここで書いたのはそういうことです、
「ちょっと待てよ」と僕は思ったのです。
【2009/05/25 20:18】 | 桜井晴也 #oSfzfPCQ | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/05/26 00:09】 | # | [edit]
それだったら言ったかもしれません。
それは間違っているようにも思えるけれど、
「屑を救うため」よりかはまだまともなことのように思います。
僕は自分のことを敗残者(たぶん惨敗者ではなく敗残者です)だと強く思っているます。

誰かに向けて書くという行為じたい傲慢なものだと思います。
傲慢になりたくなければひとりで書いていればいいのだと思います、
でも僕は「ひとりで書く」ということに今のところ価値は見出せません。
「1度も惨敗者ではなかった人間なんているんでしょうか?」
いないのではないでしょうか。
でも僕はあらゆる人間に必要とされたいとまでは思わないです。

汚い言葉ですみませんでした。
書きちらしたかっただけです。
汚い言葉を。
文中の屑とは僕のことです。
失礼しました。
【2009/05/26 00:34】 | 桜井晴也 #oSfzfPCQ | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kizuki39.blog99.fc2.com/tb.php/590-cdb7e642
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。