スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ロング・グッドバイ

2009.06.25(20:27)

グラスワークスグラスワークス
(2003/09/10)
フィリップ・グラス

商品詳細を見る

 内定をもらった。みっつめ。もうこれでほんとに終わり。
 がんばってと言ってくれたひとありがとう、内定もらえないよと言ってくれたひとありがとう、あたしのかわりにゼミやってくれたひとありがとう、あたしと遊んでくれたひとありがとう、いっしょにごはんを食べてくれたひとありがとう、あたしに手紙をくれたひとありがとう、まえに内定もらったときにおめでとうと言ってくれたひとありがとう、太宰治さまあたしなんかに読まれてくれてありがとう、JUDY AND MARYさまショックを受けたときに歌をうたってくれてありがとう、あたしのそばにいてくれたひとあたしが話しかけたときにいやな顔しないでいてくれてありがとう、おはようと言ったときおはようと言ってくれたひとありがとう、あたしの知らないところで詩を書いていたひとありがとう、あたしを生んでくれたおかあさんおとうさんありがとう、お月さまこの暗いのに浮かんでいてくれてありがとう、面接のふりしてゼミをろくすっぽでなかったあたしありがとう。だいすきだよありがとう。

   ◇◇◇

 きのうはけっきょく夜の2時までレポートをやっていたので眠い、Iくんとだらだら話してぜんぜん進めなかったあたしがわるいのだけれど、Iくんもあたしと同じレポートをやるために残っているのかと思ったらそんなことなくてIくんはべつのことをしていた、Iくんは話が終わるとさっさと帰ってしまった。あたしはひとりレポートを書いて漫画を読んでいた。2時だった。
 まいにち暑い。実家で扇風機を出した。アパートのほうはもう出してある。あたしは準備がいいのでだいたい去年の夏くらいから出してある。出しっぱなしなのではない。出しつづけているのだ。
 園子温監督「紀子の食卓」で泣きっぱなしだったと書いたけれど、その日いちにち、読むもの読むもの全部泣けて感動して「ああ、このまま訓練すれば俺もあと5年くらいしたら作品にふれて号泣できる日がくるのかもしれない!」とわくわくどきどきしていたのだけれど、よく考えれば、あの日はいちにちじゅうパソコンに向かいっぱなしだったから、目がしぱしぱしてただけで泣いてたわけじゃないのかもしれない。
 就職活動が終わった途端、教授に呼ばれ、何故かOさんの個別ゼミに強制参加。Oさんの個別ゼミのはずなのにひたすらあたしがしゃべるし、しかも教授は何故か「この研究はどう進めていくのですか?」とあたしにつっこんでくる、それってあたしのゼミじゃん! 「NS2でつくりなおしてみるのがよいかもしれない」とゆったら「いやいや、こんなりっぱなプログラムがあるんだから!」とおっしゃるけれど、教授は、あのプログラムが2週間足らずでつくられたことを知らない。そしてかんじんなところを何もシミュレートしていないことを知らない。NS2はやらないけど。
 七夕の日に飲み会が行われることに。あれは、そう、いちおう内定おめでとうの会であるのだよね。
 旅行ゆきたい。




コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kizuki39.blog99.fc2.com/tb.php/624-66955be6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。