スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

海に文学はいらない

2009.07.07(11:46)

ジギー・スターダストジギー・スターダスト
(2009/07/01)
デヴィッド・ボウイ

商品詳細を見る

 昨日まったく見たことのない女性がいきなり研究室に入ってきて、闊歩して、そしてなんにも言わず出ていったものだから、「えーなんだったんだろ今の。こわい!」と思っていたら、うちの研究室の社会人ドクターのひとだった。ちなみにそのひとの机は荷物置き場になっていた。

   ◇◇◇

 本日のゼミは5分で終了した。Sさんとふたりのゼミ。論文を読んでこいと言われていたのだけれど、あたしが読んでいくわけがなく、「Sさんが読んでくるだろう」と思って余裕ぶっていたのだけれどSさんはゼミの存在すら忘れていた。ふたりそろって「読んでないです。すみません」と言って笑う。笑うしかない。あさってにもう一度ゼミをくまれてしまったのだけれど、また読んでいかないに80ペソ。

   ◇◇◇

 帰って寝ようかな…
 
   ◇◇◇

 女子高生の日記を読んで泣けるのならば、海に文学はいらない。

   ◇◇◇

 たとえば「愛のむきだし」とか「罪と罰」では「愛」という感情は「変容」として描かれている。仮にあるにんげんがほかのにんげんの存在と関係することなしに独立して変化していくのであれば、「愛」という感情はこの世界に存在しないのかもしれない。この場合、言葉や行為などはすべて無機的(精神的・感情的なものを除いた物質的なもの)なものになる。この世界で確かに有機的なものはにんげんだけかもしれず、そのあいだのつながりというものがすべて無機的なものにすぎないのだとしたら、

   ◇◇◇

 自己を自己としてきちんと運営することがもうできない。「あなたの要素はこれとこれとこれで、つまりあなたはこういうにんげんね!」と他人に決めてもらえればどんなに楽かと思うし、きっと少なくない部分でそれを望んでいるのだと思うけれど、そういうことを言われればあたしは「ふざけるなよ。死ねよ」とも思うかもしれない。にんげん同士が本質的に無関係だとはあたしも思うわけだけれど(それは「ひとりがいい」とか「にんげんはひとりで生きていける」とか言うこととはちがう、本質的に無関係であってもにんげんは少なくともあたしはひとりでは生きていけない)、それだと、「たつ地面がない」。

   ◇◇◇

 テクスト論であれば、そのテクストに対して完全に自由な解釈を許してまえば、そのテクストの唯一性は失われるらしい。「桃太郎」を「金太郎」として読めば、そのテクストはもう「桃太郎」でなく「金太郎」であり、それならば本質的には「桃太郎」でも「金太郎」でもない。テクストが消えてしまう。

   ◇◇◇

 あたしが仮に「桃太郎」でありたいと願うとき、あたしが「桃太郎」になるための手段は存在するのだろうか。

   ◇◇◇

 あたしが「桃太郎」であるためには「あたしを『桃太郎』だと解釈してくれるための他人」が必要だと思う。けれど他人は他人でしかなく、なおかつ、その他人の発する言葉や行為がその他人の存在と何の関係性も持たないのであれば、あたしは他人からいっさいの解釈を受けることができない。

   ◇◇◇

 という話はあまりにもどうでもよすぎるのでそれをいっしょうけんめい書いている自分にびっくりなのだけれど、とにかく、「錯覚だろうね」とあたしは思ってて、とりあえず今のところ「錯覚でいいよね」と思っていることにはちがいない。

   ◇◇◇

 わけではなく、絶対的なものをまるで信じないでいながら他人をどう愛するか(愛するという言葉を適当に使っているけれど、コミットメントするぐらいに)、そのための方法はつまり、

   ◇◇◇

「錯覚」のことを「詩」と呼んだ。

   ◇◇◇

 圧倒的に書いてもしかたないこともあるけれど、圧倒的に書けないこともある。かなしい。「圧倒的に書いてもしかたないこと」はすべて「圧倒的に書けないこと」であって、それもまたかなしい。

   ◇◇◇

 あたしは自分が「幸せであるかどうか」なんてどうでもいい。だがあたしは自分が「幸せであると思えているかどうか」にはとても興味がある。すごく。

   ◇◇◇

「おまえは電波だ!」とか「おまえは変態だ!」と言われてもあたしはぜったいに傷つかない(てかうれしい)。「おまえはヘテロだ!」と言われたらたぶん傷つく。

   ◇◇◇

「にんげんは知性がなければ他人を愛することすらできない」と言ったひとがいた。

   ◇◇◇

「詩はロマンティックであるべきだ」とあたしはかつて言った。

   ◇◇◇

「シナリオとは、映画製作者たちに『今自分たちがつくっているのはまさしくこのシナリオに描かれている作品なのだ』と確認させるためぐらいにしか役に立たない」とゴダールは言った。

   ◇◇◇

 あたしはシナリオじゃなくて映画になりたい。

   ◇◇◇

 という言葉はロマンティックであるべきだ。

   ◇◇◇

 焼きそばパン食べたい。




コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kizuki39.blog99.fc2.com/tb.php/636-fedb13ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。