スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

鼈甲飴は夕焼けの味がする

2009.08.22(16:57)

クリムゾン・キングの宮殿クリムゾン・キングの宮殿
(2008/03/26)
キング・クリムゾン

商品詳細を見る

 わたしにはよくわからないけれど、たぶん、ひとがひとを理解することは不可能で、そして、ひとがひとをわかろうとすること、わかろうと意志することじたいがとても難しいんじゃないかと思う。ひとがひとに傷つけられるとき、それは「ひとがわからない」という域ではなく、「ひとをわかろうとしない」という域であることが多いんじゃないかと思う。
 わたしは以前、あるひとが女子高生を主人公としたある本にたいして、次のような感想を述べているのを読んだ。
「どっからどう見ても壊れているとしか思えないこの感性が、現代の若者のリアリティなのだろうか。そうだとしたら、かわいそうだと言うしかない」
 わたしはその本を読んでいないし読む気もないのでその本のなかで描かれている「女子高生の感性」がどういうものか知らないけれど、たとえ「えーひとなんて死んだって殺したってどうでもいいっしょ」という類のものだとしても、上に書いたあるひとの感想のほうが怖いと思った。
「かわいそうだと言うしかない」と言いきってしまうことはすごく怖い。このひとは、この本を読んで、女子高生のリアリティについて考え女子高生のリアリティについて言及しているのにも関わらず、女子高生についてまるでコミットメントする意思がないように見える。
「かわいそうだと言うしかない」なら、直接的な言いかたをすればそのひとは馬鹿なのだと思う。そして、そのひとは自分が馬鹿である、あるいは馬鹿なことを言っているのに気づいていないように見える。わかろうとしていないことにすら気づいていないように見える。
 何かについて言及するふりをしながら、何かについて極端に侮蔑すること。それは本人が気がついていないうちに、やってしまうことだと思う。たとえばわたしがクリント・イーストウッドにたいしてそれをやったように、そういうことはたやすく行われてしまう。
 誰でも、何かついて書く権利は持っている。それは、誰もが、何かについて書く権利を持っていないということだと思う。そしてわたしや、ほかのひとは、馬鹿みたいなことを書いたり、美しいことを書いたり、している。持たない権利によって誰かが傷ついたりする。
 わたしが書いていることは、「かわいそうだと言うしかない」と同じかもしれない。わたしはこう書くことによって、女子高生にたいして「かわいそうだと言うしかない」と言ったひとと同じことをしているのかもしれないと思う。ただ、わたしは「美しい侮蔑」もあるし「美しくない侮蔑」もあると思う。わたしは「美しい侮蔑」あるいは侮蔑に準ずるものなら、見たいと思っている。
「わかろうと意志すること」と「美しさ」はたぶん、関係している。

   ◇◇◇

 こういうことを書きたかったわけではないけれど。ふん。

   ◇◇◇

 昨日は、早稲田松竹まで行き溝口健二「浪華悲歌」と「西鶴一代女」を見た。溝口は、ゴダールが墓参りしたあげく「好きな監督を3人挙げると?」の質問に「ミゾグチ、ミゾグチ、ミゾグチ」と答えたエピソードや、エリセが「山椒大夫」を見て「人生を凌駕する映画がある」と悟ったというエピソードが好き。溝口の映画はどれを見ても特に感想はないのだけれど、やっぱりモノクロの画面がとてもきれいだと思う。「浪華悲歌」なんて眼鏡が冗談抜きできらきら光ってた。マンガなどでひとの歯がきらきら光る表現があるけれど(三鷹さん)、本当にあれみたいにきらきら光っている。わたしは「浪華悲歌」は冗談抜きで眼鏡がきらきら光る映画No.1だと思った。「西鶴一代女」の情景の美しさは「浪華悲歌」のような現代劇とは違う。時代劇のほうがきれい。きれいだけれどもちろん寝ていた。たぶん1時間くらい寝ていた。ラストの「化け猫」のシーンはとてもすごかった。わしゃしゃしゃ。
 駅で管城さんと合流して、渋谷のAPIA40まで三角みづ紀さんのワンマンライブを見にいった。みっちり2時間三角さんだからわたしはとてもうれしかった。2曲目(三角さんのライブはだいたいの場合どこで曲が切れているのかちっともわからないので1曲目だと思っていたけれど、セットリストを見ると2曲目)を聴いているあいだ「なんの曲だっけ、なんの曲だっけ、絶対聴いたことある、三角さんのオリジナルじゃない、なんだっけ、」とずっと気になっていたけれど、「moon child」だった。まさかのくりむぞんっ!
 三角さんの映像作品「窓際の白い花が一刻もはやく枯れますように!」はなんとなくゴダールっぽいオープニング、タイトルが出てくるのが終盤、ツッコミどころが多くて、冨永昌敬の「亀虫」っぽい演出の作品だと思った。これだけを見てどうも言うことはできないと思ったけれど、とても三角さんらしい作品だと思った。三角さんだと思った。これは、女の子が道に落ちていた子を勝手に拾って勝手に捨てる(?)だけの作品だけれど、そのあまりの勝手さを見せつけながらも女の子は「これはすべて花太(男の子の名前・だよ)のせいなのだ」と言い切ってしまう。「花太のせいだ」と言ってしまう弱さじゃなく、「花太のせいだ」と言うことのできる強さ。わたしが三角さんに惹かれるのはそういうところなのかもしれないと思った。もちろんこれは、わたしが三角さんの好きな部分をわたしが勝手に構築しているだけで、わたしはいつも勝手に他人をつくって勝手に他人を好きになっているだけなのだと思うけれど、「『なんの苦労もなく瞬間的に好きと思えたこと』と『好きになろうとして好きになったこと』のあいだに卑賤はない」というようなことをたぶん誰か言っていて、そういうことを思いだしたりしながら、わたしは好きでも好きじゃなくならないように一生懸命好きになろうとしていて、それでも、わたしは三角さんや三角さんみたいなものが好きなんだって思うんだ。
 音がいっぱいあった。音がいっぱいあったからたくさんうれしかった。三角さんはいつもだるだるの服を着ていて、しかもだいたいの場合極端に前傾して歌うので、だるだるの服がそのだるだる具合を極端に発揮してかなりだるだるになっているのだけれど、そのだるだるの中にはつまり猫でも飼っているにちがいない、と思ったりしていた。三角さんはいっぱいだるだるだった。だるだるしているなかでヘモグロビンはいっぱい降っていた。昨日はたくさん降ったと思う。たくさん降ったから好きだった。
 管城さんは「今日のがいちばん好き」と言っていて、わたしの知るかぎり管城さんは毎回そう言うのだけれど、でもわたしもだいたいはそう思っているので、とても××だなあと思った。三角さんは雨について延々歌っていたり延々さらさらさらさらしていたりしていたのだけれど、そういうのを見てもちゃんと好きになったりちゃんと良いと思えたりちゃんと好きでいつづけることができるというのはとても楽しいことだなあと思った。
 1stアルバム「悪いこと したでしょうか」が出るらしい。

   ◇◇◇

 帰り道、管城さんが捨て猫を拾う。管城さんは「あげます」と言う。わたしはぜんぜんいらなかったけれど、一度拾った捨て猫を捨てるのはいやなので鞄のなかにしまう。黒猫だった。カレーを食べた。わたしのカレーは焼かれていた。

   ◇◇◇

 めもめもめーも

 捨て猫は都市伝説
 農家の娘はかわいそう
 そえぷん
 お賽銭目当て
 鼈甲飴は夕焼けの味

   ◇◇◇

 めもめもめもわーる

 早稲田松竹

8/29~9/4
チェコ映画 イジー・メンツェル監督
「英国王 給仕人に乾杯!」
「スイート・スイート・ビレッジ」

9/5~11
韓国映画 ナ・ホンジン監督、チャン・フン監督(原案・制作 キム・ギドク)
「チェイサー」
「映画は映画だ」

11月
スペイン映画 ビクトル・エリセ監督
「ミツバチのささやき」
「エル・スール」

「ミツバチのささやき」、アナ・トレントのためならわたしはまた行くのはやぶさかではないけれど、「エル・スール」ではなく「マルメロの陽光」が見たい。

   ◇◇◇

 あ! 
 園子温「ちゃんと伝える」が今日から公開だ。どうしよう、早く見たい。どうしよう。伊藤歩好き。




コメント
斉藤茂吉がウィーン留学時代、手紙か何かに次のような趣旨のことを書いたそうです。「私が教わっている教授はユダヤ人だが、だからといって私はそんなに彼を差別しない」と。茂吉は20世紀初頭におけるヨーロッパのユダヤ人問題を知っていた(であろう)のに、なにこの上から目線。「コミットメントしていない」のと大差ないように思えます。

斉藤茂吉の言葉については西村雅樹京都大学教授の著書を参考にしました。
【2009/08/28 17:52】 | 上田洋一 #- | [edit]
うーん、そんなにひどいことを言っていますのでしょうか。
でもでも、
たとえば、差別なんてされてあたりまえですから、
普通、「わたしはユダヤ人を差別しない」なんて言いませんよね。
「差別しない」と言って差別しない気になっているのは、愚かなことだとは思うのですけれど。
【2009/08/31 22:10】 | 桜井晴也 #oSfzfPCQ | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kizuki39.blog99.fc2.com/tb.php/677-4aa08847
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。