スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

舞城王太郎原作舞台「NECK」@青山円形劇場

2010.02.14(22:33)

バージンブルース [DVD]バージンブルース [DVD]
(2004/05/07)
秋吉久美子高岡健二

商品詳細を見る

 2010年2月14日(日)

 見ていない映画について書くことはどういうことだろう、ということを思って「サイタマノラッパー」(と「パラノーマル・アクティビティ」)について(もっと具体的に言えば「サイタマノラッパー」を見ていない段階でわたしにこの映画がどう見られているかについて、および、それから派生して、小説の世界がわたしにどう見えるか)書いた。わたしは見ていない映画について書くことや言うことがわるいとは基本的に思っていない。見たあとで語れなくなってしまうことだってあるのではないかと思う。
 わたしが思ったのは、その映画が外面的にこう見えるというようなありかたで映画の世界に存在しているとき、一方、小説ではその小説が外面的にこう見えるというありかたで小説の世界に存在していて、その場合、小説はそういう見方の時点ですでに映画よりもあまりよくない状況にあるんじゃないかな、ということだった。そういうことを考えるきっかけとして「サイタマノラッパー」という映画の外面的な見方があったので、「サイタマノラッパー」について書いた。
 見る前にその映画を語るということは、その映画をだれがどう褒め、見る前の段階でその映画についてどう思っているかということを書くということだと思う。そういう書きかたは下品になりがちだとは思う(深谷ねぎがうんぬん、ださいたまがうんぬん、というのは悪趣味は冗談だった。ごめんなさい)けれど、それらのことを一概に排除したようなものの見方には基本的に賛同したくないと思う。そういう、映画を見る前の見られかたまでいっさい排除してまで「映画は中身を見るまで語ってはいけない」というこりかたまった見方を要求してくるほど映画は貧しいものだったんだろうか。見るまえにその映画について語ればいいし、見たあとにまた語ればいい。2回語れたら2倍楽しいじゃないか。るーんるん。

   ◇◇◇

 直接関係ない話だけれど、「見るまえに語る」というのはたぶん、見るまえから一般的におもしろいと約束されている権威主義的な作品群とそれをそのまま受けいれてしまうひとたちへの普遍的な批判だと思う。その批判は正しいと思う。とくに、実際にいま映画をつくっているひとたちにとってみれば、何よりもだれかに見てもらわなければいけないのだから、権威主義的なひととものへの懐疑は必要だと思う。思うけれども、たとえば「あれは権威のある作品だけれどつまらない。それよりこっちの知るひとぞ知る作品のほうがおもしろいぞ!」というやりかたもべつの種類の権威の誇示にすぎないと思う。そして、「映画は中身を見るまでわからない」という言いぶんもわたしにはひとつの権威に見える。

   ◇◇◇

 今日はシネマヴェーラに行って山根成之「突然、嵐のように」と藤田敏八「バージンブルース」を見た。どちらもおもしろかった。とくに「バージンブルース」がよかった。たまたまどちらも秋吉久美子が主演だったけれども、「バージンブルース」の秋吉久美子がかわいすぎてたいへんなことになっていた。たいへん。
 青山円形劇場まで行って舞城王太郎原作、竹内佑作、河原雅彦演出の舞台「NECK」を見てきた。これは、おもしろかった。こわかった。心臓が何回かとまりかけた。無事帰ってこられて、よかった。舞城王太郎が好きなひととしては「舞城王太郎の作品」としてやっぱり見にいってしまったし、「そうそう、舞城のミステリってこういう感じだよね!」というところがいっぱいでてくるけれど、わりともっとライトな感じ、エンターテインメント色を強めている感じだった。愚直なメタファも小説で読むと「うえっ」となっちゃうけれど、演劇で見ればうまく消化されている感じだった。逆に言えばライトすぎて舞城独特のカタルシスはほぼない(少しある)と言っていいと思うので、「舞城だ!」と期待して行くひとは、そこが評価のわかれめかもしれないと思った。わたしはこれはこれでなかなかいいんじゃないのかと思ったけれど。幕間の演出がかっこうよくてよかった。

   ◇◇◇


 さて、

1 書かれることを前提にした日常のありかたにいいかげん疑問
2 映画・小説について書くことを前提にして考えるのはやめたい

 などをおもな理由として、1週間~無期限のあいだでブログおよびmixiの日記は一時更新停止にします。
 ばいばいっ!




コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kizuki39.blog99.fc2.com/tb.php/777-87c9a789
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。