スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

dancetoday2010@彩の国さいたま芸術劇場

2010.09.06(01:24)

Seven SwansSeven Swans
(2004/03/16)
Sufjan Stevens

商品詳細を見る

 9月5日(日)

 何日かまえ、どこかの美術館で透明人間になれたらいいなと思っていたことを思いだした。それだけじゃなくて、この世界のかわいい女の子以外のすべてのものは透明人間になっちゃえばいいのにと思っていたことを思いだした。それは、とくにわたしに関することであるとわたしは思っていて、それは、たぶんわたしはいつだってわたしの身体やわたしの顔を見たくないということだと思う。ずっと、知らなかったけれど、たくさんのひとは、たぶん、かっこうよくなりたかったりかわいくなりかったりするために洋服を買っていて、だったら、わたしがわたしになるためには身体に包帯をぐるぐる巻いて、それで生きていたいと思う。でも蒸れちゃう。
 フェスティバル/トーキョーの、今回行くぶんのすべてのチケットをとりおえた。公募プログラムを4つとって、もうぜんぶおしまい。このあいだ、深夜にセブンイレブンにいって、チケット10枚発券するのに、店員さんがものすごい時間をかけていて、そのあいだにも、お客さんがいっぱいきて、わたしの順番はどんどんぬかされていって、すみません、すみません、って店員さんは何度も言うけれど、わたしのほうこそすみません、すみません、って、なんでこのひとはひとりでレジをやっているんだろう、もうひとりのレジなひとを呼べばいいのにって思うけれど、それでもすみません、すみませんって思いながら、「BLEACH」を立ち読みして、知らないあいだに一護と藍染がへんなことになっていたから、びっくりしていた。次は、スムーズに発券ができたらいいなあ。
 彩の国さいたま芸術劇場でKENTARO!!の「『』の中」と伊藤郁女「Island of No Memories―記憶のない島」を見てきた。KENTARO!!の作品は一度見たことがあって、そのときも苦手だなと思ったけれど、やっぱり苦手だって思って、それはKENTARO!!の作品がどうしてKENTARO!!の作品なのかどうしてもわからなくて、たとえば、とてもたんじゅんな話、太宰治には太宰治っぽさがあって、アンゲロプロスにはアンゲロプロスっぽさがあって、神聖かまってちゃんには神聖かまってちゃんっぽさがあって、その「ぽさ」を才能と呼ぶべきなのかもしれないけれどわたしは「才能」なんていっさい信じていない、というよりも、信じてもどうしようもないからないことにしちゃっているけれど、とにかく、その「ぽさ」がないならその作品は作品ですらないだろう、ということを以前に思ったことがあって、たとえば、酒井幸菜がタルコフスキーを模倣するような稚拙なやりかたでいいから「ぽさ」というものを模索するべきで、それで、わたしがKENTARO!!に「ぽさ」を感じられないのなら、それはわたしのせいかもしれないけれど、でも、KENTARO!!のせいかもしれない、かといって、ひととひととの不幸な出会いかたをどちらかのせいにするという野蛮なやりかたでわりきって捨ててしまいたくもないように思う。それでも、康本雅子がかわいかったのでなんでもいいやと思った。
 伊藤郁女の作品はすばらしかった。天井の舞台装置が開演時には床までさがっていて、そのなかにひとが倒れていて、わたしはそれを美少女だと思ったけれどただのおっさん(山崎広太)だったから、舞台装置が床までさがっているだけでおっさんが美少女になるんだ!とわたしはびっくりした。鬼畜なダンスだと思った、ミルカ・プロケソバは「ふん!」という感じで伊藤郁女をがっつんがっつん殴っていたし、伊藤郁女は犬のかっこうをして「わんわん!」と吠えだしちゃうし、それだけでなく、山崎広太にピアノ扱いされて弾かれちゃうしで、さんざんな舞台だった。後半、舞台の裏手が開いて、なにか作業をしているひとたちが見えたけれど、それは見えただけで、なんでもなくて、わたしはそれを見てしまったから、それが遠いことを強く強く感じて、なんだかかなしくなった。たぶん、カフカやアンゲロプロスがやったのはこういうことだと思う。わたしはカフカやアンゲロプロスを知っている、けれど、彼らはそこにいるがゆえに、そこに現実してしまっているがゆえに、手をのばしても届かない。
 まくどなるどにいって応用情報と生命保険講座の勉強をした。わたしはまくどなるどにはぜんぜんいかないから知らなかったけれど、まくどなるどちょうこわいと思った。かるちゃーしょっくを受けた。ひとびとは「ひょほーい!」と言ってはしゃいでいるし、わたしの後ろのひとの会話は「は?」「まじ?」「まじまじ!」「まじ?」「は?」「いやまじで!」「え、まじ?」(原文ママ)でえんえんと続いていたから、新人類!と思った。まっくしぇいくおいしい。ばにら。




コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kizuki39.blog99.fc2.com/tb.php/854-03189634
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。