スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

友川カズキワンマンライブ@Apia 40

2010.10.31(00:31)

青い水 赤い水青い水 赤い水
(2008/04/25)
友川カズキ友川かずき

商品詳細を見る

 10月26日(火)

 会社にいった、と思うけれど記憶がない。だれかにとんかちで頭をたたかれたにちがいない。

 
 10月27日(水)

 会社にいった、と思うけれど記憶がない。だれかにだいこんで頭をたたかれたにちがいない。ぽかりぽかり!


 10月28日(木)

 会社にいって、帰りに、YYくんとAIさんとCKさんとKIちゃんとYUNAくんでごはんを食べにいった。オムライスを食べた。かわいい服を着たメイドさんにしか見えないひとがいっぱいいた。KIちゃんとYUNAくんはポケモンをしていた。「会社のなかですれちがえた?」と聞いたら、YUNAくんは「ひとりだけ!」と答えた。YYくんといっしょにさいきんのポケモンがからふるだったりうねうね動いていることに衝撃を受けていた。「な、なんで通信ケーブルがなくても対戦できるの?」と思った。びっくりした。YUNAくんが「負けたらサトシのコスプレして会社にいくよ」と言っていた。わー。わっふるがおかわり自由だということがあって、YUNAくんがわっふるをたくさん食べていた。わたしもたくさん食べていた。わっふる!って思った。わっふるってなんだろうと思ったけれどよくわからなかった。YUNAくんが8枚食べて、メイドさんにしか見えないかわいい店員さんが「おかわりはお持ちしますか?」と訊かれて、「ギブアップです!」と答えていた。「おなかのなかがスポンジで満たされています!」と言っていた。どんなキャラだろうと思った。寒かった。


 10月29日(金)

 会社にいった。
 急いで電車に乗って、学芸大学駅までいって、てっくんてっくん歩いてAPIA40までいった。チケットの代金をはらって横を見たら、火取ゆきさんにしか見えないひとがわたしのお酒をつくっていて、「ど、どういうことだ!」と思ったけれどへたれだからつっこめなかった。先にいっててもらっていた藤野さんは、なんだか知らないおじさんと話していて、よかったなあと思った。「うそばっかりついてましたよ!」と彼女は言っていた。「あと30分来るのが遅れてたらわたしユダヤ人の血をひいていることになってましたよ!」って言っていた。それからみかんとアボカドをくれた。「アボカドって…」と言うと「森のバター」と答えた。「俺、サラダにはいっているのしか見たことないよ」って言うと「それはにせものです! わさび醤油で食べてください!」と言われた。わさびを持っていなかった。
 友川かずきがでてきて、いきなりそとにいった。どうしたんだろう、と思っていたらもどってきた。どうしたわけか、吉祥寺のすたーぱいんずかふぇで見たときよりも友川かずきはずっとずっとかっこうよかった。「歌うのか、歌うのか!」と思った瞬間に「あ、それで…」とべつの話がはじまったので「ふぇいんとがうまいなあ」と思った。いま、友川かずきは新しい曲をレコーディングしているらしくて、「練習がきらいなので今日が練習です」と言っていた。だんでぃーだった。かっこうよかった。音がばりんばりんしていて、友川かずきの曲はだいたい全部同じような曲だけれど、曲がどしんどしんしていてかっこういいなあと思っていた。友川かずきはあたりまえにかっこうよくて、話をはじめると「○○なやつなんて自殺しちゃえばいいんですよ」とか「まっとうにだめになることが大事です。中途半端にだめになるやつは自殺したほうがいいんです。本気でだめになったほうがいいんです」とかばっかり言っていたから、好きだと思った。あんなに自殺しちゃえとか銃殺しちゃえとかばっかり言っているひとは、ほかにちょっと知らない。
 休憩時間に知らないおじさんが「三角みづ紀さんがきてるよ」と教えてくれた。な、なぜわたしが三角さんを好きだということを知っていて、しかもそれを教えてくれるんだ、と頭がくらくらしたけれど、けっきょく三角さんは見つからなかった。いなかったんじゃないかな。
 2部の最初で、永畑雅人、石塚俊明が即興をやっていた。永畑雅人はわたしには鍵盤ハーモニカに見える楽器でぱーひゃらぱーひゃらやっていて、世界でいちばんかっこういい鍵盤ハーモニカに見える楽器だ!と思ってとってもうれしかった。飛びいりで火取ゆきが「サーカス」を歌っていた。火取ゆきさんはむかしちょろっと見たことがあって、そのとき、あまりにすごかったのでうっかり(終電を逃すことをきらうことにかんしては圧倒的自信を持つこのわたしが)終電を逃してしまったくらいすごかったので、すごいとは知っていたけれど、やっぱりすごかった。友川かずきが「最後あんなやまんばみたいになるとは思わなかった…」と言っていた。火取ゆきかっこういいよう。今度休日にワンマンライブがあったら、ちゃんといこう。
「加藤先生!」と絶叫する友川かずきの曲が好きだなあ。
 藤野さんとごはんを食べた。寒いねって言うから寒いねって言った。すごく寒かった。なにを話したのか覚えていないけれども、パンの6枚切りの話と8枚切りの話をしていたように思う。藤野さんはマフラーを巻いて、「マフラーさえ巻いていれば首に手裏剣とかが飛んできてもマフラーが弾いてくれるから安全です!」と言っていた。「そうかあ…」と思った。




コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kizuki39.blog99.fc2.com/tb.php/878-be4aef17
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。