スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

こころを踊れ

2011.02.17(22:46)

共同幻想論 (角川文庫ソフィア)共同幻想論 (角川文庫ソフィア)
(1982/01)
吉本 隆明

商品詳細を見る

 2月15日(火)

 会社にいった。


 2月16日(水)

 会社にいって、それから会社の飲み会だった。Tさんが奥さんの話をしていた。Tさんの奥さんは昼の12時から眠りはじめるらしかった。Tさんは洗濯機のなかからTさんの着ている服をひっぱりだすらしかった。ある朝起きると、家のまえに雪だるまが12個もならんでいたとTさんは言った。「私にはおにぎりもにぎってくれないのに、一晩中雪だるまをつくってたんだよ!」と言った。かーわいいと思った。


 2月17日(木)

 会社にいった。食堂にはサラダが170円で売っていて、ひとつのお皿に好きな野菜を盛ることができるけれど、今日はパイナップルがあった。SSくんに「俺はいったいなにを食べたらいいんだろう」と訊いたら、「とりあえずパイナップルだね」と答えた。「パイナップルはないね」とわたしは言った。「パイナップルはないか」とSSくんが言った。「ないね」。「…しっぱいん」。「……」。「……」。
 …あとで、HAくんと「彼はさすがだね」と讃えあった。ひとが躊躇するところを迷わず進んでいく彼を尊敬する。わたしは、わたしの同期でほんとうに人間的に天才なのはSSさんと、そしてSSくんだけだと思う。「Sターン!」(Sは彼の名字)と言ってたまに廊下でくるくるまわっている彼にわたしの会社は月に200まんえんくらいははらっていいと思う。まえにAIさんが「Sくんは存在じたいがおもしろいから」と言っていたけれど、さいきんのSSくんのすばらしさは尋常じゃないと思う。




コメント
はじめまして。

最近は会社を辞めてしまいましたが、
どこか懐かしい思いで読んでいます。
続きをずっと拝読したいので会社辞めないでください。
【2011/02/22 00:03】 | じゅんちゃん #YqA74D1s | [edit]
はじめまして。

僕は 会社にいくのが
いやでいやでしようがない
というわけではありません。
しょせん
せっせ せっせ 通っている身分ですから。
いやになったらやめるし
いやにならずにお金をくれるならやめません。
日記は続くでしょう。
でも それはおそらくは会社とは関係のないことです。
すくなくとも 僕はそう思います。
【2011/02/22 22:45】 | 桜井晴也 #oSfzfPCQ | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kizuki39.blog99.fc2.com/tb.php/913-49b1f940
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。