スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

降るまえからすでに降っている夜に

2011.03.01(22:30)

 2月28日(月)

 まんぼうよりもどうでもいい日だ。


 3月1日(火)

 ひさしぶりに雨を見たように感じる日に、季節のように透明だったものが見えなくなってしまっていることに気づいた。もう、ずっとずっとわからないな。ある文章を読んで傷つくこととよろこぶことにどうやって区別をつけたらいいのかな。だれかのことを愛していると書くまえにどうやってだれかを愛したらいいのかな。どうしてきみが映画や文章じゃなくてにんげんなのか、もう、ずっとずっとわからないな。きみは透明な秋だよと思って待っていたら、次の秋がくるまえに見えなくなってしまったひとがいたことを思いだした。降るまえからすでに降っている夜はつめたく地表にのしかかっていた。ねえ俺は、おまえが死ぬこととおまえがつむいだものが死ぬことのどちらをよりかなしめるのかな。そこにある落差をはかることなく価値をふりすて、あらゆる角度をたとえとしての夜でつつむようなやりかたが、いつかの俺に、これからの俺に、ありえたのかな。




コメント
単なることば遊びの文学ごっこ。
もっともらしいことを書き連ねてるけれど
中身はからっぽ。
あなたという人間もきっとからっぽ。
なんだかとっても哀れですねえ。
【2011/03/03 08:53】 | モバイル #- | [edit]
だいいちに 
俺は文学なんかやっちゃいないよ。
俺は俺の日記が文学であれなんて
思っちゃいないよ。
それに
あんたが俺の日記を文学ごっこと言うのは勝手だけれど
それはあんたの文学で
俺の文学じゃないよ。
あんたの文学なんか 
俺には関係ないよ。

俺がからっぽだって?
あんた そうとう頭わるいぜ。
俺はからっぽだから文学ごっこして遊んでるんだよ。
俺はあわれだからあんたみたいなつまらんにんげんに噛みついてるんだよ。
中身なんてもとめてねえよ。
俺はからっぽのものをあわれむほど
傲慢じゃねえよ。
ばーか! ばーか!
【2011/03/03 21:55】 | 桜井晴也 #oSfzfPCQ | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kizuki39.blog99.fc2.com/tb.php/917-76085f9e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。